東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「交番の日」制定記念日 詐欺防止など訴え 中原署が催し

トークを繰り広げる(左から)一日署長の笹田さんと恩田さん、岩満前署長、田中署長=中原区で

写真

 県警が「交番の日」(毎月二十七日)の制定記念日に定めている十一月二十七日、こすぎコアパーク(川崎市中原区)で中原署主催のイベントが開かれた。署員をはじめ、区内を中心に活動するラジオパーソナリティーや住民グループが参加し、ニセ電話詐欺の防止や交通安全、防災を訴えた。(小形佳奈)

 武蔵小杉駅そばにスタジオを構える「かわさきFM」がイベントの企画に協力。同局の人気番組「コスギスイッチON!」のパーソナリティー「DJKeiko」こと笹田恵子さんと、「MCオン」こと恩田裕之さんが一日警察署長に委嘱された。

 二人を進行役に署員や小杉エリアで活動する人たちがトークを繰り広げた。同署の広報大使を務めるアイドルグループ「川崎純情小町☆」のステージ、パトカーや白バイの展示もあり、多くの来場者でにぎわった。

 中原署の田中武志署長、岩満優前署長も登壇。田中署長は「『あなたのカードが犯罪に使われている』などと自宅に電話をした後、調査名目でカードを預かって暗証番号を聞き出し、預金を引き出す詐欺が増えている」と注意を呼びかけた。

 保存食を使ったメニューを紹介する「災害フードフェス」のブースでは、複数の市民グループが、日常用と備蓄用を兼ねた食品を消費して賞味期限切れを防ぐ「ローリングストック法」を紹介。ふりかけや干しエビで調味したパスタ、缶詰のパンに焼いたマシュマロをはさんだサンドイッチなどを実演した。

 交番の日制定記念日は、一八七一(明治四)年十一月二十七日に、地域課の前身である「邏卒(らそつ)課」を設置したことにちなんでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報