東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

改良 マンホールトイレ 快適 相模女子大生と市が共同制作

写真

 災害時に利用する「マンホールトイレ」の使いやすさを向上させた試作品を、相模原市にある相模女子大学芸学部生活デザイン学科の学生と市が共同で制作し、市役所1階ロビーに29日まで展示している。

 マンホールトイレは避難所の敷地などにあるマンホールを活用し、穴の開いた特殊な形状のふたに交換。周囲から見えないようテントを設置する。市は避難所や公園の倉庫などに530セットを配備している。

 試作品は風で倒れにくくするため、現在の4本足から5本足に変更。快適さを重視して和式から洋式に変え、天井も30センチほど高い2.2メートルにした。チャックの鍵を二つにしたほか遮光性が高い生地を使い、強い光が差しても人影が見えないようにした。市下水道経営課の担当者は「実用化への課題を探りたい」と話した。(井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報