東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

京急沿線「心温まる話」載せ 120周年前に「なぎさ」記念誌

「なぎさ」の特別号を持つ横瀬さん=横浜市中区で

写真

 京急電鉄は、前身会社の一つ「大師電気鉄道」が1898年に設立されて来年で120周年になるのを前に、原則隔月で発行している沿線紹介誌「なぎさ」の特別号を1万2000部発行した。昨年、沿線をテーマに「心温まる話」を公募した小説コンテストの優秀作品を掲載している。

 なぎさは1956年創刊の歴史ある雑誌。京急沿線の観光スポットなどを紹介している。特別号はA5判116ページで、通常の7倍の分量にした。京急グッズの販売店「おとどけいきゅう」横浜港大さん橋店や、京急川崎、横浜、上大岡、金沢文庫、横須賀中央、京急久里浜の各駅構内にあるセブン−イレブンで1000円以上の買い物をするともらえる。

 小説コンテストで一般から募った418作品のうち、入賞以上の5作品を掲載。京急線で出会った男女が、電車の車両を借りて結婚式を挙げる物語などが載っている。各作品の舞台になった沿線の名所や飲食店の紹介コーナーもある。京急広報部の横瀬華慧(はなえ)さん(28)は「小説を読んで、京急沿線の魅力を感じてほしい」と話した。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報