東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

フロンターレV 平間銀座商店街で悲願の優勝記念セール

優勝を喜ぶ石井さん(右)と、川添園店主の花田三津子さん=中原区で

写真

 サッカーJ1川崎フロンターレのリーグ戦初優勝を祝い、川崎市中原区の平間銀座商店街で三日、記念セールが始まった。四日(一部店舗は五日)まで。 (小形佳奈)

 商店街はJR南武線平間駅の東側にあり、約六十店舗が並ぶ。セールでは、商店街振興組合専務理事の石井雄介さん(50)が営む花店「花重」(上平間一八三)で全品10%引きに。天ぷら持ち帰りの「小暮」も揚げ物を10%引き、洋菓子店「リヨン」はショートケーキを通常の四十円引きの二百八十円(税別)に、「川添園茶舗」ではお茶と海苔(のり)を20%引きで提供している。

 石井さんは、一九九六年のフロンターレ設立当初から、応援フラッグを掲げたり、商店街主催の街歩き観戦ツアーを企画したりと、チームスタッフとともに地域密着型のチームづくりを進めてきた。

 「二十一年間の積み重ねで市民が誇りに思えるチームになった」と石井さん。過去何度も、優勝セールに向けて掲示用のポスターを準備しては涙をのんできただけに、喜びもひとしおという。

 セールの問い合わせは花重=電044(511)3805=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報