東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横浜で日本GP 「動力なし車」児童40人競う 東京の松村君がV

スロープから勢いをつけて走るソープボックスカー=横浜市中区で

写真

 動力のない四輪車に子どもが乗り込み、スロープから走らせてタイムを競う「ソープボックスダービー日本グランプリ」が二、三日の両日、横浜市中区の日本大通りで開かれた。

 競技は欧米で百年ほど前に始まったとされ、国内では二〇〇一年から大会を実施。今年は首都圏などの一都五県から八〜十二歳の小学生四十人が参加した。

 高さ約一・四メートルの台からスロープを駆け降り、直線でゆるい下り坂の約百五十メートルのコースを進む。勢いを殺さないよう、選手たちは前傾姿勢でハンドル操作を最小限にして走り抜けた。

 優勝は東京都板橋区の小学六年、松村遥輝(はるき)君(11)。一カ月前に練習を始めたばかりで「優勝できるとは思わなかった」とびっくり。来年七月に米オハイオ州アクロン市で開かれる国際大会の出場権と、往復航空券を手にして「勝つことだけを目指してアメリカに行きたい」と抱負を語った。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報