東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

3大学イルミ協奏曲 「地域の方の心を温かく」

点灯式で演奏する大学生=相模原市中央区で

写真

 JR横浜線淵野辺駅(相模原市中央区)前の活性化につなげようと、周辺にキャンパスがある青山学院大、麻布大、桜美林大の学生有志でつくる「ふちのべ大学」のメンバーが四日、駅二階のペデストリアンデッキにイルミネーションを飾り付けた。点灯式もあり、学生が楽器を演奏した。来月十四日まで、午後五時〜午前一時に点灯する。

 デッキの壁約百五十メートルに計千五百球と、ベンチがある屋根の下はハート形にした。駅前の商店街が一階部分に設置したツリーは上部が見える程度でデッキまで明るくならないことから、共に青学大地球社会共生学部三年の出口茉奈香(まなか)さん(21)と矢野上萌香(もか)さん(21)が「地域の方の心が温かくなる場に」と発案した。

 ふちのべ大学は、近くの大学生が一つになって地域を活性化しようと二〇一五年に発足。商店街と一緒にイベントに参加するなどしている。イルミネーションは近くの公民館や商店から借り、電気代はイベントの模擬店の収益などを充てる。(井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報