東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

箱根の名所 Xマスムード ガラス、ワインボトルのツリー

富士屋ホテルのワインボトルのツリー=箱根町で

写真

 箱根町の観光名所がユニークなツリーでクリスマスムードを高めている。「箱根ガラスの森美術館」(仙石原)はガラスのツリーを庭園に、富士屋ホテル(宮ノ下)はワインボトルのツリーをロビーに展示した。 (西岡聖雄)

 ガラスのツリーは高さ十一メートルと八メートルの二本。表面を特殊加工した計十五万粒のクリスタルガラス(直径一・四センチ)が光の角度で七色に反射する。光と風で千変万化にきらめき、午後四時からライトアップする。二十二〜二十五日は閉園時間を午後七時半まで二時間延長する。クリスマス後は木の上の星をハートに変え、三月のホワイトデーまで冬の集客を担う。

 本格的な西洋ホテルとして国内最古の明治初期に開業した富士屋ホテルは来春から二年間、耐震改修で休館する。

 ワインボトルのツリー(高さ二・三メートル)は今年初めて、レストランスタッフが考案。ボトルをさかさまに差し込める七段のリングを備えた鉄製ツリーを空のボトル二百四本で飾った。広報の折田道明さん(56)は「『変わったツリー』とスタッフに話し掛ける客が増え、コミュニケーションを深める演出効果になった」と話した。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報