東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「ハマ弁」値下げへ 市立中の有料配達弁当

 横浜市の林文子市長は八日、市議会の一般質問で、昨年度から市立中学校で給食代わりに導入した有料配達弁当「ハマ弁」を来年四月以降、一食当たり最大百三十円値下げする方針を明らかにした。今年十月時点で1・3%と低迷する利用率底上げと、家庭の負担軽減を図る。

 ハマ弁は市の委託を受けた業者が製造し、各校に配達する。値下げ後の税込み価格は、ご飯とおかずのセットが一食二百八十円(値下げ幅八十円)、汁物と牛乳付きで三百四十円(同百三十円)。

 値下げ分は市が負担し、総額は利用率が1・3%のままなら二千七百万円、全員が利用すれば二十億六千二百万円になる。ただ、市の担当者は「生徒は『みんなが食べないから食べない』と拒否するなど、価格が低迷の原因とは言い切れない」とし、期待通りに利用率がアップするかは不透明だ。

 林市長は七月の市長選で、ハマ弁の値下げを公約に掲げていた。(梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報