東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

相鉄のJR直通線 神奈川区の新駅は 羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)駅

新駅の外観イメージ(相模鉄道提供)

写真

 相模鉄道は、2019年度下期に開業予定のJRとの直通線(約2.7キロ)にできる新駅(横浜市神奈川区羽沢南)の名称を「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」にすると発表した。県と市の同意、国の認定を受けて正式に決まる。

 周辺住民のほか、直線距離で約700メートル離れている横浜国立大の学生や教職員を主な利用者と見込み、地域名の「羽沢」と「横浜国大」を併記した。

 新駅は直通線で相鉄線西谷駅とつながる。同線から乗り換えなしで都心と行き来できるようになることから通勤、通学などの利便性が高まる。経由が必要なくなる横浜駅の混雑解消も期待される。

 同時に整備している東急線との直通線は22年下期に開業予定。新駅から東急線日吉駅までの約10キロをつなぐ。新幹線の駅がある新横浜を通り、県外へのアクセスも向上する。

 新駅には改札口1カ所、エレベーター2基、エスカレーター4基に加え、転落防止のホームドアを設置する。同社は「駅名は住民の意見を聞いて決めた。地域に貢献できる駅にしたい」と話した。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報