東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

メタボ解消診断11% ウォーキングポイント

事業で使う送信機能付き歩数計と読み取り機

写真

 横浜市は十三日、データ送信機能付きの歩数計を付けて外出を楽しむ「よこはまウォーキングポイント事業」の参加者を対象にした調査で、「メタボリック症候群が解消したと診断された」との回答が11%に上ったと発表した。

 事業は二〇一四年十一月にスタート。市在住の希望者らに、送料のみで歩数計を配った。商店街や公共施設など市内約千カ所に設置した読み取り機に歩数計を載せると歩数に応じてポイントがたまり、商品券などが当たる抽選に参加できる。参加者は先月末時点で約二十八万五千人。

 調査では「片脚立ちで靴下がはけるようになった」人が13%いたほか、「階段を上るのに手すりが不要になった」という回答も12%あった。また、44%が「読み取り機の設置場所に行く機会が増えた」と答え、外出を促す効果も見られた。

 調査は五〜七月、六千人に郵送で実施し、約三千五百人が回答。回答者の72%が六十歳以上だった。

 市は、来年四月にスマートフォンで事業に参加できる歩数計アプリをリリース予定。市は「より幅広い層に働き掛け、健康寿命が延びるようにしたい」としている。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報