東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

肘の痛み 小学生の2.2%経験 子どものスポーツ障害考える

「指導者のけが予防の意識が薄い。早期発見が重要」と指摘する山崎医師=横浜市金沢区で

写真

 甲子園で優勝経験がある高校野球の前監督と医師らが連携し、学童野球の指導者に小学生のスポーツ障害について考えてもらう取り組みが進んでいる。肘の痛みを訴える小学生は少なくないとされる。そうした状況を知ってもらいけがを減らそうと来月、県内の指導者を対象にした講習会が開かれる。 (鈴木弘人)

 「われわれが診察した小学生の2・2%が、肘の外側が痛む『離断性骨軟骨炎』に悩まされていた。選手生命が奪われる可能性があり、早期発見が重要」。横浜南共済病院(金沢区)スポーツ整形外科部長で横浜DeNAベイスターズのチームドクターも務める山崎哲也医師(56)はこう語る。

 同病院と市医師会、県少年野球連盟学童部などは二〇一三年、「横浜野球肘検診推進協議会」を組織。オフシーズンの十二〜一月、一人五百円で肘のエコー検診を実施している。

 年々増えてはいるものの、一六年の受診者は学童部の登録選手約七千人の二割弱。重要性を認識している指導者が少ないことなどが理由とみられた。

 山崎医師は毎年、肘をけがした小学生約五十人の手術をしている。「試合に出られなくなるのが嫌で我慢したり、『病院に行くと指導者に怒られる』と話したりする子もいる。手遅れになる前に相談できる環境が必要」と訴える。

 取り組みには、春夏合わせ五回、甲子園で優勝した渡辺元智・横浜高前監督や、春夏四回の甲子園出場経験がある上田誠・慶応高前監督らが賛同。九月に「神奈川学童野球指導者セミナー」を設立した。上田さんは「小学生の時にけがをして、好きな野球をやめざるを得ない状況にしてはならない」と話した。

 講習会は来月二十一日午前十時〜午後二時、港北区の慶応大日吉キャンパスで開かれる。山崎医師と柔道整復師の吉田千城さんらが小学生のスポーツ障害の現状と予防について話す。元横浜DeNAベイスターズ投手の三浦大輔さんの講演もある。参加費は二千円。申し込みはセミナーのホームページ=http://www.kb-leaderseminar.com/=から。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報