東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

スマホを手に自転車運転 今年警告1万1602件

 今年、スマホなど携帯電話を使いながら自転車を運転したとして県警が警告したのは一万一千六百二件(十一月時点)に上る。スマホの普及を背景に警告数は増え、二〇一四年に九千百七十三件だったのが昨年は一万一千四百五十五件に。スマホなどにイヤホンを差して使っていた警告数も一四年の九千九百四十四件から今年(同)は二万一千二百四件と大幅に増えている。

 携帯電話を使用しながらの自転車の運転は道交法違反に当たり、五万円以下の罰金。県警は違反者を見つけるとまずは警告し、従わない場合は交通切符を切る。県警は「事故を起こせば自動車と同じように責任を問われる。絶対にやめてほしい」と呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報