東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

船で水没防ぎ男性救出 横浜の丸辰海運社員らに感謝状

感謝状を受け取る(前列左から)寺園さん、村田さん、大橋さん、(後列右から)遠藤さん、松尾さん=川崎市川崎区の川崎臨港署で

写真

 川崎市川崎区で海に転落したトラックを船で岸壁に押さえ付けて水没を防いで男性運転手(51)を救出したとして、川崎臨港署(福吉節男署長)は十八日、横浜市中区の丸辰海運の寺園和志さん(37)ら五人に感謝状を贈った。

 ほかの四人は、同社の村田悠一さん(34)、大橋辰哉さん(41)と、神奈川区の東洋船舶工業の松尾雅量(まさかず)さん(52)、遠藤光太(みつひろ)さん(44)。

 署などによると、今月八日午前七時五十分ごろ、川崎市川崎区東扇島の岸壁から冷蔵冷凍トラック(三トン)が転落。丸辰海運のえい航船がトラックの荷台を岸壁に押さえ付け、村田さんと大橋さんがハンマーでトラックの運転席側の窓をたたき割った。

 クレーン船など四隻で川崎市と東京都大田区をつなぐ羽田連絡道路の工事現場へ向かっていた、東洋船舶工業の松尾さんらは、小型船でトラック運転席に近づいてドアを開け、通報で駆けつけた川崎臨港消防署員とともに運転手を救出。運転手にけがはなかった。

 感謝状を受け取った遠藤さんは「運転手が無事で良かった。海に携わる者同士、人命第一で連携がうまく取れた」と振り返った。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報