東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横浜駅前でベイ山崎投手ら 防犯を呼び掛け

横浜駅周辺を見回る(左から)黒岩知事、山崎投手、斉藤本部長=横浜市西区で

写真

 年末年始の事件や事故の防止を目指す特別警戒が始まり、二十二日夜、「一日戸部署長」に任命された横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手と黒岩祐治知事、斉藤実県警本部長が、横浜市西区の横浜駅周辺で特別警戒に当たる防犯ボランティアらを激励して回った。金曜日のため多くの人でにぎわう駅周辺を約一時間かけて歩いた。

 抑えとしてチームを十九年ぶりの日本シリーズに導いた山崎投手。ファンらも集まり「キャッシュカードをだまし取る詐欺が増えている。家族や友人で声を掛け合い、チームワークで身を守りましょう」と訴えた。斉藤本部長は「県民が笑顔で新年を迎えられるようビシッと抑えたい」と語った。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報