東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

住むだけで健康改善 ストレス計測「快適な環境をデータ化」

設置した「未来の家」=横浜市旭区で(同市提供)

写真

 横浜市と民間企業四社は二十五日〜来年二月末、日常生活を送るだけで健康改善に役立つ「未来の家」の実証実験を行う。居住者の心拍数やストレスを自動計測し、生活習慣の意識変化を促すという。 (志村彰太)

 NTTドコモ、相模鉄道、富士通子会社、ITベンチャーのアンドファクトリーが参加している。横浜市旭区のスーパー「そうてつローゼンミニ」にコンテナハウス(二十平方メートル)を一棟設置し、ドコモの社員ら男女八人が一人ずつ、一週間ごとに交代で生活する。

 居住者の体重、心拍数、睡眠時間、ストレスを室内で自動計測。食事は毎回、スマートフォンで撮影し、摂取カロリーも記録する。データは洗面所の鏡に表示され、居住者の生活意識の変化を促す。室内温度や湿度、照明の明るさも記録し、居住者のストレスなどとの関連も分析する。

 来年四月以降は、ハウスの設置場所を変えて引き続き検証する。データを蓄積し、ストレスがたまらず健康的な家の実現を目指す。独り暮らし高齢者の見守りや、災害時の仮設住宅の改善にもつながるという。

 市の担当者は「快適な住環境とは何かをデータにして、可視化できれば」と期待している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報