東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「かわさき検定」にようこそ 3月4日試験 今月29日まで受け付け

 川崎市の産業や観光についての知識を問う「ようこそ!かわさき検定」(主催・川崎産業観光振興協議会)の試験が3月4日に行われる。会場は川崎商工会議所(川崎区)などを予定しており、1月29日まで申し込みを受け付けている。

 設問は、例えば「川崎市域の工業化に取り組み、初代の川崎市長に就任したのは」などの問題に答える四者択一の35問、「中国からの視察団に川崎の製造技術を見せるツアー内容を考える」といった記述式2問の計37問が出題される。試験時間は1時間。100点満点で70点以上が合格となる。合否結果は4月5日までに郵送で通知される。合格者には合格証書が送られる。

 市や市内の企業などで構成する協議会では2007年度、市の産業観光の魅力について理解を深めてもらうため「川崎産業観光検定試験」を開始した。事務局の川崎商工会議所の担当者によると、より幅広い層に受けてもらえるよう、昨年度から名称を変更し、最新のトレンドを入れつつ難易度を下げてリニューアルした。新旧合わせてこれまでに延べ2146人が受験したという。

 商議所と市内の区役所で配布する試験実施要項に付いている払込取扱票に必要事項を記入し、郵便局で受験料(税込み1620円)を払って申し込む。問い合わせは、川崎商工会議所=電044(211)4112=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報