東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

大相撲 川崎場所「来てね」 とどろきアリーナで4月

記者会見した中川親方(左から2人目)ら実行委員会=川崎区で

写真

 大相撲の地方巡業「川崎場所」が四月十三日、川崎市中原区のとどろきアリーナで行われる。市内の企業やスポーツ団体などでつくる実行委員会が十日、川崎区の川崎商工会議所で記者会見し、開催内容を説明して来場を呼び掛けた。今回は元横綱日馬富士の暴行事件や引退を受けてチラシを作り直すなどした。 (大平樹)

 実行委によると、川崎場所と銘打っての巡業は二〇一六年に始まり三回目。力士同士の取組だけでなく、「相撲甚句」や、解説しながら珍しい決まり手などを実演する「初切(しょっきり)」の披露、人気力士と子どもたちとの稽古などが行われる。今回は新たにサッカーJ1川崎フロンターレと連携しての力士たちのサッカーや、吉本興業のお笑い芸人によるイベントも予定されている。

 実行委は当初、元横綱や横綱白鵬ら力士四人の姿が写っているチラシ約十万枚を作っていたが、事件などを踏まえ、これを廃棄。元横綱を除く三人にしたチラシを新たに作った。幸区の会社役員で勧進元の織戸四郎さん(34)は「それ(元横綱をめぐる問題)とこれ(巡業)とは別で、関係ない力士がほとんどだ。一生懸命やっている力士の姿を見に来てほしい」と話した。

 巡業の準備を担当するのは、幸区に部屋を構える中川親方=元幕内旭里。親方はじめ、この部屋に所属する義春日(23)=幸区出身=と、春日龍(33)=横浜市都筑区出身=の両力士も会見に同席した。

 チケットは十七日から一般発売される。席種は土俵近くの「タマリ席S」(一万四千円)から二階席五列目(四千円)まで十二種類。完売した前回までの実績を踏まえて、昨年よりいす席を二百席増やした。

 公式ホームページ=http://www.sumo.co.jp=か、有料のナビダイヤル=電0570(007)677=で購入できる。問い合わせは、実行委員会事務局=電044(788)9737=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報