東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

11人の精鋭「常に全力」 国際消防救助隊任命式

国際消防救助隊に登録された隊員たち=川崎市川崎区で

写真

 川崎市消防局総合庁舎=川崎区南町=で12日、消防庁の国際消防救助隊の任命式が行われ、市のレスキュー隊員230人から選抜された11人が田中経康局長から隊員証を授与された。任期は2年。

 国際消防救助隊は、海外の大規模災害の被災地に派遣される。市消防局からは2008年の中国・四川大地震などの際に派遣されている。隊員らは通常業務の傍ら、宮前区にある市の消防訓練センターで訓練を重ねたり、専門研修を受けたりして派遣要請に備える。

 2期目の登録となる中原消防署の納富辰之隊長(41)は「常に全力で、誇りと使命感を持って任期を全うしたい」と誓っていた。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報