東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

相鉄が新型車両公開 ネービーブルー、内装はグレーに

公開された相模鉄道の新型車両20000系

写真

 相模鉄道が17日に公開した新型車両「20000系」(10両編成)は、横浜の海を表現した「ヨコハマネービーブルー」のボディーが特徴だ。相鉄は「将来的には全車両『ヨコハマネービーブルー』にする」と意気込む。

 運行開始は2月11日。内装はグレーで統一し、乗客がドアを開閉できるボタンを相鉄線で始めて導入した。フロント部分には避難用の扉を設置。従来より車両の幅を約20センチ狭めた。これは、2022年度に相鉄線西谷駅と東急線日吉駅を結ぶ新線が開通後、東急線との直通運転に使うためで、「ヨコハマネービーブルー」が都心にも乗り入れる。 (鈴木弘人)

グレーで統一された新型車両の車内

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報