東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

箱根駅伝4連覇の青学大 練習拠点の相模原で報告会

声援に感謝の言葉を述べる下田裕太選手=相模原市役所で

写真

 正月の東京箱根間往復大学駅伝で、四年連続四度目の総合優勝を果たした青山学院大陸上競技部の優勝報告会が十七日、練習拠点を置く相模原市の市役所一階であった。原晋(すすむ)監督(50)や十人の選手らを四百五十人の市民が祝福した。

 原監督は「市民の絶大な応援のおかげで優勝できました」と感謝。吉永竜聖主将(四年)は「出雲、全日本と勝てず、チームもまとまらなかったが最後に一つになれた」と振り返った。

 山登りの5区で二位でたすきを受け、追い上げながらも途中、止まって足のけいれんを治したりした竹石尚人選手(二年)は「心臓に悪かったと多くの人に言われた」と苦笑い。三年連続区間賞を獲得した8区の下田裕太選手(四年)は「市内を走っているので声を掛けてもらうと励みになる。今後も応援をお願いします」と呼び掛けた。

 復路で逆転する展開に加山俊夫市長は「四連覇の中で今回が一番ドラマ性があった。原監督が視聴率を考えた作戦だったのでは」と笑いを誘った。

 二十八日午後二時から、キャンパスがあるJR横浜線淵野辺駅北口で商店会主催の祝賀パレードも計画されている。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報