東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

逸見エモンがPR 横須賀の日本遺産「逸見波止場衛門」モチーフ

モチーフにした衛門の前でおどける「逸見エモン」=横須賀市で

写真

 横須賀市の日本遺産をPRするゆるキャラ「逸見(へみ)エモン」が完成し、市は18日、ヴェルニー公園(汐入町)で市民にお披露目した。

 キャラのモチーフは、市内に17ある日本遺産の一つ「逸見波止場衛門」。明治末期から大正初期、軍港の入り口を見張る守衛の詰め所として建てられた。当時の姿のまま、同公園内に残されている。

 市職員がデザインし、スカジャンで地元らしさを演出。口の部分から出る「観光開運おみくじ」には、市の人口減を意識して「市内者は不動のこと。市外者は横須賀に移れば多幸間違いなし」と書かれている。制作費は約70万円。

 昼休みに通りがかった女性会社員(36)は「最初は『何だろう』と思ったが、スカジャンで横須賀のキャラクターと分かった。よく見るとかわいい」と話した。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報