東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

相模原の大凧 題字は「翠風(すいふう)」 5月に「まつり」

昨年5月に行われた相模の大凧まつり=相模原市南区で

写真

 相模原市南区の相模川河川敷で毎年5月に開かれる「相模の大凧(だこ)まつり」で凧に書く今年の題字が「翠風(すいふう)」に決まった。公募で集まった274点から実行委員会が選んだ。

 「翠」は美しい緑を表し、緑は市のシンボルカラーでもある。草木の新芽のように素直な心を持った子どもに成長してほしいとの願いを込めた、同市中央区の中村政二さん(69)の作品を採用した。

 市の観光名物である大凧の文字は例年、世相を表すものが多い。昨年は女子サッカー「ノジマステラ神奈川相模原」の一部リーグ初参戦を記念し、イタリア語で星を意味する「ステラ」にちなむ「輝星(きせい)」だった。

 大凧まつりは隣の座間市でもあり、市は今月31日まで2文字の題字を募集している。問い合わせは市商工観光課=電046(252)7604=へ。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報