東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

黄金色の花 今週末見ごろ 松田・寄ロウバイ園

開花し始めたロウバイ=松田町で

写真

 松田町寄(やどりき)にある国内最大級の寄ロウバイ園で、ロウバイが黄金色の花を咲かせている。一万平方メートル超の敷地に二万本。現在五分咲きで見ごろは今週末という。

 期間中は駐車場のある寄自然休養村管理センターから会場まで、無料送迎車を運行する。地元野菜の豚汁やロウバイ染めのスカーフ、地元特産のサクラマスの薫製なども販売している。

 初の企画として、二十八日に富士宮やきそばや北海道・富良野メロンパン、ハーブで飼育した三元豚角煮丼など人気店の移動販売車十台が登場。若い世代を呼び込もうとコスプレイベントも催す。

 町民有志が二〇〇六年に荒廃農地を整備し、寄中学校の生徒が卒業記念に二百五十本のロウバイを植えたのが始まり。住民らが植樹を続け、国内最大級の規模に育てた。町も散策路や休憩所を造って六年前からまつりを開いている。

 入園料は十六歳以上三百円。来月十二日まで第七回寄ロウバイまつりを開催している。問い合わせは町観光経済課=電0465(83)1228=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報