東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

少量でも密漁やめて 三浦半島で最多 書類送検299件 

横須賀海上保安部が押収したサザエなどの海産物(同保安部提供)

写真

 サザエなどを密漁したとして、横須賀海上保安部が漁業関連の法令違反の疑いで書類送検する事例が近年、急増している。自分たちで食べるために少量を採るケースがほとんどとみられるが、同保安部は「積み重なれば資源の減少につながりかねない」と警戒を強めている。(福田真悟)

 同保安部の管轄範囲は横須賀、逗子、三浦の各市と葉山町の四市町など。二〇〇八〜一五年の書類送検数は十八〜百三十件で推移していたが、一六年に二百十五件と初めて二百件を突破。一七年はさらに増えて二百九十九件に上り、統計を取り始めた一九五〇年以降、最高を更新した。

 容疑は、漁業権を侵害したとする漁業法違反と、特定の魚介類について採ってもよい大きさなどを定めた県の規則違反。昨年、違反者が持っていたとして押収した海産物はサザエの百六十五キロ(二千百九十六個)が最多で、海藻類八十一キロ、タコ十四キロ、アワビ四・八キロと続く。逮捕者はおらず、処分は不起訴と罰金がほとんど。

 磯辺が点在する三浦半島では、以前から数個程度を採っていく人が多かったという。一方、アワビやサザエのえさになる海藻は減少傾向が続き、漁業者らは、稚貝の放流や海藻を食べる魚介類を駆除するなどして漁獲量の確保に努めている。

 同保安部も二年前から、被害が集中するゴールデンウイークと夏季に合わせ、取り締まりの範囲を拡大。巡回の人員も増やした。担当者は「『少しぐらいならいいだろう』と考える人が多い。取り締まりとともに啓発活動を続けていきたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報