東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

旧県立近代美術館、改修し来春オープンへ 鎌倉の文化、歴史を発信

「鎌倉文華館鶴岡ミュージアム」の完成イメージ(鶴岡八幡宮提供)

写真

 二〇一六年三月に閉館した旧県立近代美術館鎌倉館(鎌倉市雪ノ下二)の本館について、所有する鶴岡八幡宮は二十四日、鎌倉の魅力や日本の文化、伝統などを発信する「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として活用すると発表した。モダニズム建築の傑作とされる外観は生かし、耐震補強などの改修をして一九年春の開館を目指す。

 同館は一九五一年、日本初の公立近代美術館として県が八幡宮の一角に土地を借りて開館。巨匠ル・コルビュジエに師事した坂倉準三の設計で、県の重要文化財に指定されている。国史跡の八幡宮境内にあることから、文化財保護法の制約で老朽化対策の改修工事ができず、土地の賃借契約終了に合わせて閉館。保存を求める声が上がり、八幡宮に無償譲渡されていた。

 鎌倉文華館は文化や歴史、自然などの魅力を伝えるガイダンス施設であると同時に、美術展や文化イベントも行う。吉田茂穂宮司は「禅や近代文学など鎌倉の良さを感じられるようにし、足を運んでもらえるようにしたい」と話す。

 鉄骨造り二階建て延べ千五百七十五平方メートル。カフェなどを備える休憩スペースの棟(約百八十平方メートル)も新たに設ける。二〇一〇年三月に強風で倒れた八幡宮の大銀杏(おおいちょう)の幹を展示することも計画している。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報