東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

最悪を想定し災害に備えを むすび塾 平塚で「防災講演会」

備えることの大切さなどを訴える添田さん(左)ら被災者=平塚市で

写真

 東日本大震災の津波で被災した人の体験を聞く防災講演会が三日、平塚市追分の市中央公民館で開かれた。三月十一日で震災から七年になるのを前に、被災者は命の尊さと、いつ来るか分からない災害に常に備えておくことの大切さを改めて訴えた。 (上田千秋)

 東北のブロック紙・河北新報社(仙台市)と平塚市などの主催。同社が震災後、防災について紙面で啓発するだけでなく地域住民に直接訴えようと始めた活動「むすび塾」の一環。この日は、宮城県で被災した三人が登壇した。

 最初に話をした東松島市の大学生添田あみさん(19)は当時、小学六年生。卒業式で担任から、親友が犠牲になったことを知らされた。親友は地震発生後、校庭で級友らと別れた後に帰宅。避難せず自宅にいたところを津波にのまれた。

 「『津波が来るから絶対に帰っちゃダメ』と強く言っていたら、助かったかもしれないという後悔は今も残っている」と添田さん。「『ここまでは津波は来ない』とか勝手に決めないでほしい。最悪の事態を想定することが大切」と強調した。

 亘理町で語り部活動をしている団体職員菊池敏夫さん(68)は、明治時代以降に三回、東北地方を襲った大津波で地元の荒浜地区は被害がほぼなかったため、住民の間に危機感が薄かったと打ち明けた。

 避難しなかったり、堤防に津波を見に行ったりした人もいたといい「津波をなめていた。『想定外』のことが起きるのが災害だと考えて準備するべきだ」と警鐘を鳴らした。

 塩釜市の主婦高橋匡美(きょうみ)さん(52)は震災三日後、津波だけでなく大規模な火災が発生して壊滅的な被害を受けた同県石巻市の実家に戻り、母親の遺体を発見した。ショックからしばらく自宅に引きこもる生活を続けた後、三年前から自らの体験を語るようになった。

 「『被災地を忘れない』というのは皆さんのためでもある。災害は遠くで起きる特別のことではなく、今ここであるかもしれない。常にどう逃げるかというシミュレーションをしてほしい」と呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報