東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

災害時の状況把握「消防ドローン隊」 大和市、新たに12機

ドローンの試験飛行をする消防隊員=大和市で

写真

 災害発生時に上空から状況を的確に把握しようと、大和市はドローン(小型無人機)を新たに十二機、購入した。消防本部と本署、二分署、二出張所の六カ所に二機ずつ配備。操縦できる隊員も均等に配置して県内初の「消防ドローン隊」として運用する。

 十二機の購入費は二百九十二万円。静止画、動画どちらも撮影でき、プロペラを広げた最長部分は四十九センチ、重さ七百四十三グラム。ドローンはこれまで消防本部に一機配備されていただけだった。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報