東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

26年横浜花博 1500万人以上の来場見込む

 横浜市が旧上瀬谷通信施設跡地(瀬谷区、旭区)への開催誘致を狙う「国際園芸博覧会(花博)」の基本構想案の原案が十三日、有識者の検討委員会で示され、二〇二六年四〜九月に実施し、千五百万人以上の来場を見込むとする内容を確認した。検討委は原案を一部修正し、月内にも林文子市長に答申する。

 原案では、跡地二百四十二ヘクタールのうち八十〜百ヘクタールを活用。宿泊付きの農業体験、日本庭園などを通じ、自然との共生を海外に発信する。会場建設費は最大二百四十億円、運営費は同三百六十億円とした。

 周辺道路や下水などのインフラ整備費は六百億円と見込む。会場は最寄りの相模鉄道瀬谷駅から約二キロ離れており、会場まで新交通システムを建設する場合は別に費用が必要という。

 検討委員長の涌井雅之・東京都市大特別教授は会見で「日本庭園のように、日本人には当たり前でも世界からリスペクト(尊敬)されるものがある。持続的な未来を世界に示す土台が日本にはある」と花博を誘致する意義を述べた。開催の主体となる国は、近く市が提出する構想案を受けて構想をつくり、国際園芸家協会に申請する。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報