東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

元メジャー薮田さん、投手コーチに 関東学院大野球部 努力・精神力を評価

身ぶりを交えて指導する薮田さん(右)=横浜市金沢区で

写真

 関東学院大学(横浜市金沢区)硬式野球部の投手コーチに、元メジャーリーグ投手の薮田安彦さん(44)が十八日、就任した。同大金沢文庫キャンパスの野球場で取材に応じ、「自分の持っているものをできるだけ多く伝えていきたい」と意気込みを語った。

 薮田さんは大阪府出身。高校、社会人野球を経て一九九五年にプロ野球・千葉ロッテにドラフト二位で入団。速球とフォークボールを武器に、二〇〇七年には三十八ホールドで最優秀中継ぎ投手になった。〇八年から二年間、米大リーグのロイヤルズに所属、一三年に引退した。

 同大は、技術面だけでなく、控え投手だった高校時代から努力を重ねて大リーグにたどりついた精神力を評価。今月初旬の鹿児島合宿に臨時コーチとして参加してもらった後、正式にコーチ就任を要請した。

 この日は、投手陣に身ぶり手ぶりを交えてアドバイス。部員の印象を「うまくなりたいという気持ちが伝わってくる」と述べた上で、「目先の結果より、どんなボールが投げたいかをイメージするのが大切。練習に前向きに取り組めるよう、コミュニケーションを深められれば」と話した。

 昨年秋の神奈川大学野球連盟のリーグ戦で、加盟校中トップの五十五回目の優勝を飾った同大野球部。四月に始まる春のリーグ戦で連覇を目指す。鈴木聡監督(46)は「プロ選手として豊富な経験を学生に伝えてほしい」と期待を寄せた。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報