東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「原発や核兵器 政権に危機感」 民進系衆院議員ら「自由民権会議@神奈川」設立へ

記者会見する藤井元財務相(中央)ら=県庁で

写真

 来年の統一地方選と参院選に向けて与党に対抗する世論をつくるため、民進党系衆院議員らが十九日、県庁で記者会見し、任意団体「自由民権会議@神奈川」(民権かながわ)を四月に設立すると発表した。国会と地方の民進系議員に声を掛けるほか県民の参加も募り、立憲主義、民主主義を主題にした勉強会や講演会を開く。

 呼び掛け人の代表は藤井裕久元財務相。江田憲司(無所属)、阿部知子(立憲民主党)、本村賢太郎(希望の党)の各衆院議員らも名を連ねた。藤井氏は「原発や核兵器を是認する安倍晋三政権に強い危機感を抱いている。政権は倒さなければならない」と団体設立の目的を説明した。

 一方、江田氏は「民権かながわを政治団体にすることはなく、自由と民権の価値観を広める緩やかなつながりにする」として将来的な政党化は否定。ただ、参加メンバーが軸になり、政党や地方議会会派をつくる可能性はあるとした。選挙時の候補者調整も進めるとみられる。(志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報