東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

鉄道ジオラマに「けいきゅん」登場 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

「120」の旗を持つけいきゅんが設置されたジオラマ=横浜市中区で

写真

 京急電鉄は25日に創業120周年を迎えるのを記念し、京急の土産店の鉄道ジオラマに、社員手作りの「120」の旗を持った京急のキャラクター「けいきゅん」を設置した。

 土産物店は横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)にあり、ジオラマは縦120センチ、横90センチ。同市のみなとみらい地区に建設中の京急新本社ビルや、横浜中華街の街並みを模した景色の中を鉄道模型が走る。けいきゅんは駅のホームに、つまようじなどで作った高さ2センチほどの旗を持って立っている。

 京急の前身の一つ「大師電気鉄道」(現在の大師線)は1898年2月25日に設立。その後、横浜と三浦半島を結んでいた湘南電気鉄道と合併し、ほぼ現在の路線になった。

 120周年当日の25日には、全線片道1回分の優待乗車証2枚を無料配布する。午前10時から横浜ポルタ(横浜駅)、ウィング川崎(京急川崎駅)、ウィング久里浜(京急久里浜駅)など、10カ所で計12万セットを用意。PASMO(パスモ)、Suica(スイカ)などの交通系ICカードか、京急線の定期券を提示する必要がある。問い合わせは京急ご案内センター=電045(441)0999=へ。 (志村彰太、小形佳奈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報