東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「路上」の王者 輝くバンドは 来月10日、労働会館でファイナル

「カワサキストリートミュージックバトル8ファイナル」に出場するミュージシャンら=幸区で

写真

 神奈川や東京のライブハウスなどで活動するミュージシャンが出場し、栄冠を目指す「カワサキ ストリート ミュージック バトル8 ファイナル」が3月10日、川崎市立労働会館(サンピアンかわさき)=川崎区富士見2=で行われる。ポップスやインストゥルメンタルバンドなど多彩な顔ぶれが演奏を競う。 (小形佳奈)

 市商店街連合会青年部や「音楽のまち・かわさき」推進協議会などが実行委員会形式で開く。今回が八回目。市内で開かれる屋外ライブや、横浜、新宿などにあるライブハウスから推薦された約五十組が予選に参加。通過した八組が、観客の投票も含めた公開審査で頂点を争う。

 出場者のうち、ミューザ川崎ゲートプラザで昨春、ライブを始めた「テラナノカ」は、インターネットのバンド募集の掲示板で音楽性に共感して集まった四人組ポップスバンド。ボーカルのハルさんは「街頭ライブが許可制でできる川崎は恵まれている」と話す。

 二〇〇八年結成のインストゥルメンタルバンド「STAR BELL PLUS」は、それぞれがスタジオミュージシャンや音楽講師としても活躍する。ピアノの堀江沙知さんは「演奏中に踊ったり、タオルを回したりと、見ても聴いても楽しい」とアピールする。

 初回から企画・運営に携わるNPO法人カワサキミュージックキャストの反町充宏理事長(37)は「音楽でご飯を食べていけるような後押しをするのがわれわれの役目」と話す。

 午後三時開演。入場料は前売り二千円、当日二千五百円。前売り券の販売など問い合わせは、カワサキミュージックキャスト=電044(272)6636=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報