東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

病児保育室を保育園に併設へ 県内初、厚木市あすから

市が設置する病児保育室の室内=厚木市で

写真

 働きながら子育てをしやすくしようと厚木市は来月一日、「マーガレット保育園」(中町四)と同じ建物に「さつき病児保育室」を設ける。

 二十八平方メートルの広さで、ベッドなどを備えた安静室がある。預かる対象は、市内在住か通園・通学している生後六カ月〜小学三年。希望者は、医師に連絡票をもらった上で予約をする。平日午前八時半〜午後五時十五分で、料金は一日二千円。定員は三人。

 病児保育室は病院に設けるケースが多く、市によると保育施設に併設するのは県内初。民間法人が両施設の運営を担い、病児保育室に看護師と保育士を一人ずつ常駐させる。市は運営費を補助する。

 問い合わせは市保育課=電046(225)2231=へ。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報