東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横浜税関の仕事体験しよう 10日に資料室リニューアル

金属探知機を使って荷物検査をする体験コーナー=中区で

写真

 横浜税関(横浜市中区)の資料室「クイーンのひろば」が十日、リニューアルオープンする。税関の仕事を体験するコーナーなどを新設し、同日午前十時〜午後五時にはオープン記念イベントが開かれる。

 資料室には従来、横浜港と横浜税関の歴史を伝えるパネルや押収した偽ブランド品、麻薬密輸の手口を紹介する模型などを展示。今回、体験しながら税関の仕事を学んでもらおうと、金属探知機を使って荷物を検査するコーナーを設置し、四カ国語(日・英・中・韓)で解説するタブレット端末も六カ所に備えた。

 記念イベントでは、薬物のにおいを含ませた箱を麻薬探知犬が検知する実演があるほか、横浜港を一望できる七階展望デッキを開放する。清水正仁広報広聴室長は「楽しみながら横浜税関の仕事と歴史を学んでもらえれば」と話した。

 資料室、イベントとも入場無料。問い合わせは同室=電045(212)6053=へ。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報