東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横須賀の魅力 伝えタイ 防衛大留学生ら案内役 体験ツアー

写真

 防衛大学校(横須賀市走水)のタイ人留学生らが、日本に住む同国人らに横須賀の魅力を紹介する年一回のツアーが十日に行われた。市の提案を受けて三年前に始まり、今年はラオス人留学生が案内役として初参加。市観光企画課は「会員制交流サイト(SNS)や口コミで伝わり、観光客の増加につながれば」と期待する。

 ツアーでは、タイ人とラオス人計五十人余りが嘉山農園(長井)でイチゴ狩りを体験。その後、市が手配したバスで記念艦三笠やヴェルニー公園などを巡った。

 同大の留学生十一人が行き先を選んで下見し、SNSで参加者を募った。中心になった三年のタイ人ナチャノック・リアドプラトムさん(26)は「日本のように甘くて大きいイチゴはタイにほとんどなく、興味を引くのでは」と笑顔。三年のラオス人ケーオパリソン・フォンマチャンさん(22)は「自然や軍艦など横須賀は見どころがたくさん。撮った写真をSNSにアップしたい」と話した。

 防衛大は、アジア各国の士官候補生らを留学生として受け入れている。その第一号がタイだった縁もあり、ツアーが実現した。この日は在日タイ大使館のティラット・ソンバットシリ陸軍大佐も家族と参加し、「タイと日本は百年以上、友好関係にある。留学生の活動はその関係を深めるのに役立つ」と語った。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報