東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

デートDVの悩み「一人じゃない」 支援団体情報集めサイト開設

フォーラムのチラシを手にする阿部さん(右)と、younAさん=横浜市神奈川区で

写真

 恋人に身体的・精神的・性的暴力をする「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」の予防教育と当事者支援をしている団体でつくる「デートDV防止全国ネットワーク」が、各団体の情報を集めたウェブサイト「notAlone」(ナタロン=一人じゃないの意味)を開設した。

 ネットワークは、NPO法人「エンパワメントかながわ」(横浜市神奈川区)などで構成。同NPO理事長の阿部真紀さん(56)は「各団体のイベント情報も載せ、当事者だけでなく、専門家や家族、友人ら周囲の人たちを含めて情報交換ができるようにしたい」と話す。

 活動に協力する音楽家younA(ゆうな)さん(26)=本名・小沢悠生(ゆうな)=が作詞、作曲したテーマ曲「あなたのままで」もできあがった。「あなたはとても優しいから あなたのせいだなんて言えなかったよ」などとデートDV当事者の心情を歌う。younAさんは「デートDVには、そこに至るまでの過程がある。当事者の心に響く歌詞にした」と語る。

 同NPOは十八日午前十時〜午後五時、日本財団ビル(東京都港区)で「デートDV防止スプリング・フォーラム」を開く。ネットワーク構成団体の活動成果とテーマ曲を発表し、デートDVを巡る大学や行政の最近の取り組みについての話もある。参加費四千円(学生無料)。問い合わせ、申し込みは同NPO=電045(323)1818=へ。ナタロンへのアクセスは同NPOのホームページから。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報