東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

永遠の愛にカギ掛けて 「発祥の地」湘南平にモニュメント

写真

 相模湾を望む丘陵「湘南平」山頂部にある高麗山(こまやま)公園レストハウス(平塚市万田)に市は14日、恋人たちが南京錠を掛けられるモニュメントを設置した。

 湘南平は夜景がきれいなデートスポットとして知られ、遅くとも1980年代には山頂部のテレビ塔のフェンスに恋人たちが南京錠を掛けていた。「二人の愛は永遠」という意味が込められていて、今では各地に広がった「愛の南京錠」発祥の地とされる。

 ただ、電波障害が生じる恐れがあり、管理者のテレビ神奈川は年1回、南京錠を撤去している。市はマナーを守りながら愛を深めてもらおうとモニュメントを設置した。

 モニュメントは高さ2メートル、幅2メートル35センチのステンレス製。「人と人の輪」「絆」をイメージしてリング状にし、南京錠を掛けるスペースは側面にある。記念撮影用にベンチも設けた。

 レストハウス内のレストラン「Flat」で、ハート形の南京錠を650円で販売し、18日まではモニュメント全体を平塚産ガーベラで飾り付ける。レストハウス利用時間は午前9時半〜午後9時半。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報