東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

やまゆり園事件受け「共生担当」理事配置 県人事、来月1日付

 県は二十八日、総勢三千六百六人の四月一日付人事異動を発表した。全体の規模は例年並み。県民局を廃止して福祉子どもみらい局と国際文化観光局などを創設する影響で、局長・参事監級以上の異動は前年より十一人多い。

 津久井やまゆり園の障害者殺傷事件などを受け、「共生担当」と「いのち・SDGs(持続可能な開発目標)担当」の理事を新たに配置し、誰もが活躍できる社会の実現を目指す。

 課長級以上の女性職員は、前年より二人増加して八十六人。割合は13・9%で、二〇二〇年度までに20%にする目標には程遠い。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報