東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

本厚木駅近くにあす大型バス発着場 渋滞緩和へ使用開始

9台が駐車できる大型バス発着場=厚木市で

写真

 企業や大学への送迎バスの停車などによる、小田急線本厚木駅周辺の渋滞を緩和しようと、厚木市は同駅から北東に約300メートル離れた市保健センター跡地に「中町大型バス発着場」を建設した。来月1日に使用を始める。

 9台が駐車でき、出入庫は午前6時〜午後10時。それ以外の時間帯も駐車は可能。同駅周辺の路上では近隣の企業や大学への送迎、観光ツアーのバスなどの待機や乗降が多く、対応が課題になっていた。高速バスなどの発着場は別に設けられている。

 運営は市観光協会が担い、料金は大・中型の月決めが5万4000円、観光バスは1日2160円、1回1080円など。問い合わせは同協会=電046(240)1220=へ。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報