東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横浜市とTBS協定 スタジオでドローン講習/テレビ番組のロケに協力

連携協定を結んだTBSホールディングスの武田信二社長(左)と林市長=横浜市役所で

写真

 横浜市とTBSホールディングス(東京都港区)は、同社系列の緑山スタジオ(青葉区)で市が小型無人機(ドローン)の操縦講習会を開催し、同社は市内でドラマ撮影をして市をPRする連携協定を締結した。

 同スタジオは空港から離れ人口集中地区でもないため、無許可でドローンを飛ばせる。これまでも市の消防隊員が操縦練習をしてきた。市は、測量や建物調査にドローンを活用したい市内の中小企業向けに、定期的に講習会を開く検討をする。

 また、修学旅行で市を訪れる中高生が同スタジオを見学できるよう調整。ドラマやグルメ番組など同社系列のテレビ撮影の誘致もする。

 同社が自治体と連携協定を結ぶのは初めて。林文子市長は会見で「横浜には田園地帯から港、住宅地などさまざまな場所がそろっている。どんどんロケをしてほしい」と期待した。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報