東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

綾瀬市立図書館 電子書籍サービス導入 全国有数1万2000冊

綾瀬市立図書館が貸し出している電子書籍を紹介するサイト

写真

 綾瀬市立図書館は、スマートフォンなどで電子書籍一万二千冊を借りられるサービスを導入した。公立図書館では浜松市や茨城県潮来市などと並ぶ全国有数の冊数。スマホに慣れ親しむ若者の活字離れを防ぐとともに、市内に鉄道駅がない立地条件の悪さを補う狙いがある。

 ジャンルは小説や自己啓発、読み聞かせ用の児童向け、料理、旅行雑誌などさまざま。音声付きのものもある。図書館を運営する指定管理者の書籍販売「有隣堂」が、電子書籍取り次ぎ大手「メディアドゥ」などのシステムを活用。年一億三百万円かけ、四年で電子書籍を二万冊まで増やす。

 本館(深谷中)で電子用IDとパスワードを発行してもらうと同時に三冊まで二週間借りられ、期限が来ると自動的に返却になる。提携する隣接市や相模原、座間、厚木、伊勢原、秦野の各市民らも利用できる。

 綾瀬市生涯学習課によると、十〜二十代の図書館登録者は他の年代より少ない傾向があり、市は読書するきっかけが広がると期待している。県内で電子書籍を導入している図書館の冊数は数百冊にとどまり、古塩政由市長は「電子書籍を充実させて図書館の満足度日本一に近付けたい」と意気込んだ。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報