東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

所内2人目の医学博士に 県警科捜研・田村友紀さん

論文の内容を説明する田村さん=横浜市中区の県警科学捜査研究所で

写真

 新たなDNA鑑定法の有効性を調べた県警科学捜査研究所(科捜研)主任研究員の田村友紀さん(34)が、所内で二人目となる医学博士の学位を東海大から取得した。身元不明遺体を特定する精度を向上させる研究という。

 DNA鑑定は、DNAを構成する四種類の「塩基」と呼ばれる有機化合物の並び順を調べ、個人を特定する。従来は十五カ所の塩基配列を分析していたが近年、より多くの情報が取り出せるよう、二十カ所で分析する新薬が海外で開発された。

 新薬の有効性を保証できないとして国内では利用されなかったが、田村さんは鑑定の精度が高まることをコンピューターシミュレーションで証明し、論文にまとめた。導入されれば、親子や兄弟姉妹のDNAと比較して血縁関係を推定する確率の最大値が、これまでの70%から90%に高まるとされる。

 田村さんは藤沢市出身で昭和薬科大薬学部を卒業。二〇〇七年に県警に採用され、科捜研の法医科で血液や髪の毛といった遺留物のDNAを鑑定してきた。その傍ら、休日や終業後は東海大医学部の客員研究員としても研鑽(けんさん)を積む。

 「身元不明遺体が多く出てしまう大災害は、県内でいつ起きてもおかしくない。実用化へ研究を続けたい」と意欲を燃やす。 (加藤豊大)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報