東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<田中美南のホームタウンかわさき>宮崎台駅前の桜並木 花の匂い、暖かさが好き

満開となった宮崎台駅前の桜並木(3月26日撮影)

写真

 みなさん、初めまして。女子サッカーの日テレ・ベレーザに所属している田中美南です。

 私は五歳からサッカーを始めました。川崎市宮前区で育ち、同区の市立宮崎台小、宮前平中、多摩区の県立百合丘高で学びながら、サッカーに打ち込んできました。二〇一三年からは、日本代表「なでしこジャパン」のメンバーとして戦っています。

 今月から、川崎の思い出の場所や、お世話になった方々を紹介しながら近況をお伝えします。

 私は今、なでしこジャパンの一員としてヨルダンにおり、アジア・カップに出場しています。この時期は遠征が多く、なかなか地元にいることができません。

 鼻がムズムズするけれど、風が暖かくなり、春の匂いがするこの季節は胸が躍ります。桜を見るのが小さいときから好きでした。でも地元にいることが少なく、もう何年も、お気に入りの桜を見られないのが残念です。

国際親善試合の日本−ガーナ戦で、ボールを追う田中美南選手(左)=長崎県で

写真

 宮前区の花見どころと言えば、何と言っても東急田園都市線・宮崎台駅前の桜並木ですね。毎年四月の第一日曜日に「ふる里さくら祭り」が行われるのですが、初めて父親に連れて行ってもらったときは人混みがすごくて興奮したのを覚えています。

 買い物で行く原宿・竹下通りなどの混雑は苦手なのですが、宮崎台の桜並木は混んでいても、やはり違います。風格があるのです。花の匂い、風の暖かさが好きで、とても落ち着きます。

 今年は、その祭りの日に長崎県にいました。なでしこジャパンの一員としてガーナ代表と国際親善試合を行い、7−1で勝てました。宮崎台の桜はどうなっているのかな、なんて思いながら臨んだ試合で先制点を挙げ、フォワードとして結果を出すことができました。  (随時掲載)

<たなか・みな> 1994年4月28日生まれ、23歳。川崎市宮前区で育ち、5歳からサッカーを始める。宮前平中時代に日テレ・ベレーザ下部組織のメニーナに所属。県立百合丘高校時代にベレーザに昇格した。2013年から日本代表入り。ポジションはFW。なでしこリーグでは昨年、2年連続で得点王に輝いた。今年から日テレ・ベレーザで主将を務める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報