東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「静の舞」に1万5000人 「鎌倉まつり」始まる

写真

 春の恒例イベント「鎌倉まつり」が八日、鎌倉市で始まった。みこしやおはやしなど約千人の行列が若宮大路を進む「行列巡行」や、鶴岡八幡宮舞殿での「静(しずか)の舞」などを大勢の観光客らが楽しんだ。

 まつりは一九五九年から実施され、六十回目。歌舞を演じる「白拍子」だった静御前(しずかごぜん)が源義経をしのんで舞ったとされるのにちなんだ「静の舞」は約一万五千人(市観光協会発表)を集めた。

 最終日の十五日は午後一時から八幡宮境内で流鏑馬(やぶさめ)がある。問い合わせは同協会=電0467(23)3050=へ。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報