東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横浜市、歴史的建造物に2件 「旧市原重治郎邸」など

旧市原重治郎邸の洋間の応接室の外観=横浜市神奈川区で

写真

 横浜市は「旧市原重治郎(じゅうじろう)邸」(神奈川区)と「中山恒三郎(つねさぶろう)家店蔵(みせぐら)及び書院」(都筑区)の二件を、「歴史を生かしたまちづくり要綱」に基づき、歴史的建造物に認定した。

 市内で鶏卵商を営んだ市原重治郎氏の旧邸主屋は、木造平屋で一九二五(大正十四)年の建築。洋間の応接室を備えた近代和風住宅の貴重な遺構として評価された。住宅につながり、三二(昭和七)年に建てられた木造二階建ての土蔵も認定された。

 中山恒三郎家は江戸後期から酒類問屋やしょうゆ醸造などを営んでいた。店蔵は土蔵造り二階建て。建築年は不明だが、別棟の木造平屋の書院と同時期の明治初期ごろに建てられたとみられる。改造が少なく、一階の広い店舗空間などから大規模商家の実態が分かると評価された。

 市によると、歴史的建造物の認定は景観保全を目的に八八年度に始まり、今回の二件を含めて計九十四件になった。 (梅野光春)

大規模商家の様子が分かる中山恒三郎家の店蔵=同市都筑区で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報