東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

長谷子ども会館 鎌倉市が28日閉館 明治期完成、国の登録有形文化財 

写真

 鎌倉市は、長谷子ども会館(長谷一)を二十八日で閉館すると発表した。昨秋の台風21号で外壁などがはがれ落ち、耐震診断でも震度6強〜7の地震で「倒壊・崩壊の危険性が高い」との結果が出たため。明治期にできた同館は国の登録有形文化財に指定されており、市は今後、保全方法などを検討する。

 市によると、同館は一九〇八(明治四十一)年に横浜・戸塚出身の株仲買人福島浪蔵の別邸として建てられ、大正期に所有者が変わった後、八〇年に市に寄贈された。木造二階建てで、華麗なバルコニーなどが特徴的。二〇〇六年に登録有形文化財に指定された。

 現在は、放課後などに子どもが自由に遊べるスペースとして、一日平均約三十人が利用する。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報