東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

仕事と育児の両立 悩み気軽に相談して すくらむ21で「子連れカフェ」

保育園選びなどについて話をする母親たち=高津区で

写真

 川崎市内に在住・在勤する育児休業中の保護者を対象にした「ふらっと育休子連れカフェ」が18日、市男女共同参画センター(すくらむ21、高津区溝口2)で始まった。

 保育園探しや仕事と育児の両立などの悩みを気軽に相談してほしいと、すくらむ21が企画。初日は、あいにくの雨にもかかわらず、生後1カ月〜1歳半の子どもと母親6組が集まった。

 「保育園見学はいつごろからするの?」「上の子の学童保育が心配」「夫と話す時間がない」といった相談に対し、参加者やすくらむ21の職員らが、自らの経験なども交えて答えた。

 6カ月の長女を連れて参加した同区の小学校教諭井上めぐみさん(30)は「買い物や散歩以外は2人で家にいることが多いので、外出するいい機会。保育園の選び方、申請の仕方などためになった」と話していた。

 カフェは、8月を除く来年3月までの毎月第3水曜日(11月のみ28日)の午前10時半〜11時45分、館内1階の保育室で開かれる。男性も参加できる。当日先着10組。参加費無料。

 問い合わせは、すくらむ21=電044(813)0808=へ。 (小形佳奈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報