東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

まるで大樹 オオシマザクラ見頃 芦ノ湖畔の「箱根園」

見頃を迎えたオオシマザクラ=箱根町で

写真

 箱根町の芦ノ湖畔にある観光施設「箱根園」で、オオシマザクラ(樹齢100年)が見頃を迎えた。青空と湖面に白っぽい花が映えている。満開は22日ごろで来週末まで楽しめる。

 5本の幹を寄り添うように植えた独特の植樹法で、1本の大樹(高さ12メートル、枝張り22メートル、周囲70メートル)に見える。標高723メートルにあり、南関東の花見シーズン最後を飾るサクラとして知られる。近年は外国人観光客の人気スポットになっている。今年は開花が例年より1週間早く、同園広報の稲葉健二さん(49)は「東京で花見を逃した観光客が多く訪れている」と話した。問い合わせは同園=電0460(83)1151=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報