東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

藤沢で自動運転・配送実験 ドライバー不足解消へ実用化期待

自動運転の配送車から荷物を取り出す利用者=藤沢市で

写真

 自動運転の配送車を使って宅配便を届ける実験が二十四日、藤沢市で行われた。ヤマト運輸とIT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)が実施した。運送業界で深刻化する人手不足の解消手段として、実用化が期待されている。

 この日は、安全のため運転席にドライバーを座らせて集荷センターを出発。利用者がインターネットで注文した商品を途中の商店で乗せ、配送先までの約六キロを事前入力したルートに沿って自動運転で走行した。現地に到着すると、利用者は事前に携帯端末に送られたQRコードをかざして保管ボックスを開け、品物を受け取った。

 ルートのうち、太陽光発電の活用など環境に配慮した地域づくりを進める「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」(辻堂元町)では公道約百五十メートルを封鎖。安全が確保できたためドライバーは助手席に移り、自動運転の動作を確認した。

 両社は昨年四月以降、無人運転の前段階として辻堂、鵠沼両地区で有人での実験を続けてきた。ドライバーは指定時間に合わせて配送車を運行。荷物の引き渡しには関与せず、利用者がボックスから取り出す仕組みで行った。両社は来月まで結果を検証し、実験を継続するか判断する。

 ヤマト運輸の担当者は「自動運転によってドライバーの負担は大きく軽減される。どう応用できるか可能性を探りたい」と話した。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報