東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ラグビーW杯キャンプ地 海老名の競技場など改修へ

 海老名市の内野優市長は二十五日の定例会見で、来年のラグビーワールドカップ日本大会に出場するルーマニアの公認キャンプ地に内定したことを踏まえ、練習場所になるとみられる海老名運動公園陸上競技場の観客席やトイレ、トレーニングで使う公園内のプールなどを改修する意向を示した。関連予算案を九月市議会に提出する。

 ルーマニアと日本は予選リーグで同じA組に入り、来年九月二十日に味の素スタジアム(東京)で対戦する。

 内野市長は市内のラグビースクールが、ラグビーが盛んな岩手県釜石市を訪問したことなどを紹介し、海老名はラグビー熱が高いと説明。「『オール海老名』で最高のおもてなしをする。選手の家族も来るので交流事業も検討したい」と述べた。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報